ニュース
» 2017年02月08日 11時30分 UPDATE

Twitterが安心して利用できるようシステム改善 永久凍結アカウントの新規アカウント作成阻止など

ブロックしたアカウントのツイートを検索結果から外す「セーフサーチ」機能も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 米Twitterが現地時間2月7日、公式ブログにてシステムの改善を発表しました。嫌がらせ行為を排除することで、安心して利用できる環境作りを目指す3つの施策が説明されています。


公式発表 公式発表(画像は日本語版)

 まずアカウントを永久的に停止されたユーザーが、新規アカウントを作成できなくなるよう措置がとられます。これにより、罵倒や嫌がらせをするためだけのアカウントが作成されにくくなる見込みです。

 2つ目の施策は、「セーフサーチ」機能の導入。利用すると、一部のコンテンツ(公式発表では「センシティブなコンテンツ」と表現)や、ブロックしたアカウントのツイートが検索結果から外されます。導入後も、これまで通りの検索は可能とのこと。

 嫌がらせと思われる、あるいは質の低いリプライを識別し、表示を抑える対策もとられます。ブログにGIF画像で示されたイメージでは、「Show less relevant replies(関連リプライの表示を減らす)」ボタンを押すことでツイートの表示量が減少。ワンタッチで不愉快なツイートの表示/非表示を切り替えられるようです。


表示仕様表示仕様 迷惑なツイートをワンタッチで非表示に

 その一方で、話題と関連性の高いツイートを目立つよう表示する機能にも着手しているとのこと。この表示に関する仕様変更は、今後数週間で順次実施するそうです。


(沓澤真二)


関連キーワード

Twitter | 検索 | 公式ブログ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう