ニュース
» 2017年02月08日 16時20分 UPDATE

「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 主要漫画雑誌の公表部数データをまとめてみた

2008年時から80万部台を維持する、「コロコロコミック」の堅調さも浮き彫りに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 日本雑誌協会が公表している、印刷証明付き発行部数の最新データ(2016年10〜12月分)が公開されました。これを機に、編集部では主要な漫画誌における直近3年間の部数推移を集計。「週刊少年ジャンプ」の部数が1年間で約1割減少するなど、さまざまな事象が確認されました。


グラフ1 主な少年向けコミック誌の部数推移

 漫画誌の発行部数は、対象読者層や週刊・月刊を問わず全般的に減少傾向。近年では特に、約224万部(2016年1〜3月)から約201万部(同年10〜12月)へと、約1割減少した週刊少年ジャンプが目立ちます。一方、「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」の減少率は5〜7%程度。数字こそ100万部の大台を割っているものの、下げ幅の面では踏みとどまっているといえます。

 少女漫画誌に目を移すと、2016年では「りぼん」が約18万部で安定。「なかよし」は初めて10万部を割り込みました。両誌は2008年時に30万部台で競っていたのですが、現在になって明暗分かれたことになります。

 電子版の普及もあり、紙媒体のデータだけでは一概にいえませんが、漫画誌全体の苦境が示されました。とはいえ、児童向け漫画誌「コロコロコミック」は2016年10〜12月で約84万部と、2008年時の約88万部とほぼ変わらずおおむね80万部を維持。少子化傾向を考えると、むしろ好調とも考えられます。

 参考までに、2016年にスクープを連発して「文春砲」とまで称された「週刊文春」の部数を見ると、2016年内で約2万部増と着実に伸びています。20世紀末から続く出版不況のなか健闘する雑誌もあり、紙媒体そのものが衰えたわけではないようです。


グラフ2 主な男性向けコミック誌+週刊文春の部数推移

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!