ニュース
» 2017年02月08日 19時47分 UPDATE

読んでたら朝になってそう Wikipediaがパブリックドメインになった美術品37万点の記事制作へ

米国メトロポリタン美術館が、モネ「睡蓮」などの利用規約を変更。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国ニューヨーク州にあるメトロポリタン美術館が、37万点を超える美術品の画像を完全なパブリックドメインとし、自由に使えるように規約変更したことを発表。同時に、Wikipediaでこれらの記事を制作するための準備作業が進められることが明らかになりました


画像

 クロード・モネの連作「睡蓮」をはじめとした美術品の画像37万点以上のライセンスが、著作権による制限が存在しないCC0(クリエイティブ・コモンズ・ゼロ)になり、誰でも自由に利用できるように。これに伴い、ウィキメディア・コモンズへの画像のアップロード、情報収集といったWikipediaの記事制作を円滑にする作業が進められます。日本語版が出たら、読むのにむっちゃ時間持っていかれそう。

 なお、該当の画像はメトロポリタン美術館のWebサイトから閲覧することも可能。英語ではありますが、こちらにも解説文が掲載されておりたっぷり楽しめそうです。


画像 美術鑑賞が捗りそうです(画像はモネの「睡蓮」)

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう