ニュース
» 2017年02月09日 10時30分 UPDATE

スマホケースから自撮りドローンに変形 「SELFLY Camera」がクラウドファンディングで出資募集中

これなら自分撮りがとってもはかどりそう!

[FURU,ねとらぼ]

自撮りドローン

 クラウドファンディングの「Kickstarter」で、外出先で手軽に自分撮りが可能な、極薄のスマホケース型カメラ搭載ドローン「SELFLY Camera」の資金調達がスタートしました。


自撮りドローン

 普段はスマホケースとして持ち歩き、ケースから本体を取り外せば自撮り用ドローンに変形。折りたたまれた羽を広げて飛行させれば、ただちに撮影が可能になります。ポケットに入るサイズでありながら、安定した自律飛行が可能となっています。


自撮りドローン自撮りドローン スマホケースから本体を取り外せば、すぐに飛行と撮影が可能

自撮りドローン自撮りドローン 非常に薄くて小さいため、ズボンのポケットに入ります

自撮りドローン

 画像は本体内にRAWデータで保存されます。その後、アプリと連携することでスマートフォンに送信することができます。また、ユニバーサル・フリップ・カバーを使用することにより、ドローンは4〜6インチのスマートフォンに装着が可能です。OSはAndroid、iOSどちらにも対応。


自撮りドローン

自撮りドローン


 重さは70グラムで、カメラの解像度は8メガピクセル。動画は1080p/30fpsで録画が可能です。さらにライブストリーミング機能、スタビライザー機能などを備えています。

 記事執筆時点では既に目標出資額の12万5千ドルを大きく超え、約28万ドルの調達に成功。現時点では、99ドル(日本配送はプラス20ドル)の出資で「SELFLY Camera」1台を受け取ることができます。配送は2017年6月の予定です。


FURU


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう