ニュース
» 2017年02月09日 17時50分 UPDATE

流出したチケット用紙が悪用 偽造チケット問題でファミリーマートが謝罪

流出したチケット用紙は今後も悪用されるおそれがあるとして、偽造に用いられる可能性のある管理番号を公開しています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 店内の端末で注文用紙を出力し、レジで印刷されたライブや映画のチケットを受け取る――この便利な会計システムはすっかりコンビニに定着しました。しかし2016年末、ファミリーマートのチケット印刷用紙が流出し、チケットの偽造に用いられた事実が判明。同社は公式サイトで謝罪するとともに、経緯を説明しています。


謝罪文

 偽造チケットが用いられていたのは、2016年12月28日〜31日に開催された「COUNTDOWN JAPAN 16/17」。同社によると、このフェスイベントで偽造チケットが入場に使用されていた事実が、2017年1月11日に発覚。社内調査の結果、東京都内の3店舗に納品されたチケット用紙を用いたものと特定されたとのことです。

 1月17日、社内調査によりチケット用紙の盗難もしくは紛失による所在不明が確認。同社は偽造チケットとして流通する可能性がある旨を所轄警察に相談。被害届が同日に受理されました。

 イベント主催側も、公式サイトにて本件に言及。「何者かが不正にチケット用紙を入手し、その上に正規チケットの券面情報を複製した疑いがある」と事態を説明しつつ、偽造行為に対し強い憤りを示しています。


謝罪文 COUNTDOWN JAPAN 16/17事務局のコメント

 ファミリーマートは、偽造チケットはオークションや転売サイトなどを介し、私人間で流通されたものと説明。店舗で直接購入したチケットに問題はないとしています。

 流出したチケット用紙は今後も偽造に用いられるおそれがあるため、同社はその可能性がある管理番号を公開。注意を呼びかけるとともに、チケット用紙の管理体制を強化すると表明しています。

偽造チケットとして使用される可能性のあるチケット管理番号と記載箇所

  • c2413001〜c2413200
  • c4830601〜c4830800
  • 91074601〜91074800
  • b1223601〜b1223800
記載箇所

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう