ニュース
» 2017年02月10日 13時30分 UPDATE

「けもフレ」のセリフで書けるプログラミング言語爆誕 「たーのしー!」連発で言葉を忘れたフレンズでも書けそう

なお、「Hello World!」の出力で1000文字超。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「たのしー!」「すっごーい!」といったフレーズで、SNSなどを優しい世界に変えつつあるテレビアニメ「けものフレンズ」。そのセリフを使ったプログラミング言語「Kemono」が開発されました。なにこれなにこれ! おもしろーい!


画像 GitHub上で公開

 「けものフレンズ」は、人間の姿をしながら動物らしい特徴を持っている“フレンズ”たちが冒険を繰り広げるテレビアニメ(関連記事)。どんな場面でも「たのしー!」「おもしろーい!」のようなセリフが連発されることから「見ているだけで知能が落ちる」と言われていますが、そのポジティブすぎる展開がネット上で人気に。SNSなどには“フレンズ”のようにボキャブラリーが少なく、でもとっても優しい投稿が大量出現しています。

 「Kemono」では「たのしー!」「すごーい!」と書いてポインタを移動させたり、「たーのしー!」と繰り返し、値を1つずつ増加させたりしてプログラムを書くことができます。そのほか「うわー!」「おもしろーい!」など合計で8つのフレーズしか登場せず、同作にどっぷりつかって言葉を忘れてしまったリアルフレンズな方々にも使いやすい設計です。わーい!

 ちなみに、「Hello World!」と出力するだけのサンプルの文字数は1000文字超。ひらがなだらけでバグチェックが大変そうです。これで本当にプログラミングできたらすっごーい!


画像 「Hello World!」と出力されます

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー