ニュース
» 2017年02月11日 14時01分 UPDATE

豪州でニシキヘビからテニスボールを吐き出させる救助 丸飲みできたのが不思議なくらいお口パツンパツン

飲み込むスキルは高いけど、吐き出すのは大変だったもよう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ヘビの保護などを行うオーストラリアの企業「Snake Handler」が、カーペットニシキヘビが飲み込んでしまったテニスボールを吐き出させている動画を公開しました。


画像画像 テニスボールの形がくっきり

 ある家のオーナーからの依頼を受け、「Snake Handler」が捕獲したカーペットニシキヘビの胴体には不自然なふくらみが。獣医師のもとに連れていきレントゲンを撮影したところ、真ん丸のテニスボールがくっきりと映っており、同社はこのヘビを助けるために20分以上かけて除去したのだそう。動画では細長い胴体をしぼるようにして、口の方に少しずつ送り出している様子を見ることができます。

 テニスボールは胴体よりもひと回りほど大きく、のど元まで差し掛かったシーンではうろこがパツンパツンに。ヘビは口から液体を吐き出し、苦しそうなしぐさを見せています。こんなものをどうして丸飲みにしようと思ったんだろう……。


画像画像 お口がテニスボールでパンパン


画像 体内にあったときのレントゲン写真(画像はFacebookより)

 海外の報道によると、もし体内にテニスボールが残ったままになっていたら、このヘビは餓死していたかもしれないとのこと。今回は幸いにも救助を受けることができ、数日後には普通の食事が取れる状態に復帰。近いうちに、自然に返される予定です。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう