ニュース
» 2017年02月15日 05時00分 UPDATE

長澤まさみ、CMで高橋一生と夫婦役 初の宇宙飛行士役で8時間超のワイヤー撮影に挑戦

宇宙飛行士の妻と東京で帰りを待つ夫の物語。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 女優の長澤まさみさんが、2月15日から放送される映像配信サービス「dTV」のCM内で自身初となる宇宙飛行士役を演じています。

 2020年の世界を舞台に、宇宙飛行士になる夢を実現させて宇宙ステーションに滞在する妻(長澤さん)と、東京で働きながらその帰りを待つ夫を描いた夫婦の物語。夫役を演じるのは、放送中のTBSドラマ「カルテット」に出演中の高橋一生さん。新海誠監督によるアニメ映画「君の名は。」に声優として出演した長澤さんですが、今回のストーリーはどことなく同監督の「ほしのこえ」(2002年公開)を思い出させますね。

dTV 長澤まさみさん 高橋一生さん 宇宙ステーションでタブレットを操作する長澤さん
dTV 長澤まさみさん 高橋一生さん 高橋さんは東京の自宅で
dTV 長澤まさみさん 高橋一生さん 離れていても同じ映像作品を見ることでつながれる、というメッセージを伝えています

 見どころは、本格な宇宙ステーションのセットの中を、まるで本物の宇宙にいるかのように動き回るシーン。無重力空間を再現するため、長澤さんは8時間を超えるワイヤー撮影に挑戦したんだとか。

dTV 長澤まさみさん 高橋一生さん 宙吊りになる長澤さん
dTV 長澤まさみさん 高橋一生さん つらい表情は見せません

 「中々ハードな撮影でした(笑)」と撮影を振り返る長澤さんですが、「ただ、衣装やセットも含めて、世界観が非常に作り込まれていたので、すんなり状況を受け入れて入り込むことができたかなと思います。やっぱり衣装やセットの力っていうのは凄いなと思いました」とも。高橋さんも「セットもとても作りこまれていて作品の中に没入できるようなアイテムがたくさんありました。奥さんが宇宙飛行士なので、宇宙に関する本や辞典だったりが部屋の中にたくさんあって、離れた場所で待つ寂しさを感じることができた」と評価しており、セットの隅々まで注目なCMとなっているようです。

関連キーワード

宇宙 | 長澤まさみ | 撮影 | 夫婦 | dTV


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう