ニュース
» 2017年02月14日 15時50分 UPDATE

漫画「アカギ」2018年2月発売号で完結 掲載誌「近代麻雀」は存続へ

「アカギ」完結が報じられて以来、掲載誌の廃刊を懸念する声が多くあがっていました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「近代麻雀」(竹書房)で連載中の漫画「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」(福本伸行)が、2018年2月発売号で完結することになりました。「ファンの声援に報いるべく1年前のタイミングでの発表としました」と、同誌の公式サイトで告知されています。


告知 「アカギ」完結の告知

 1晩の勝負を19年かけて描き続けた、“鷲津麻雀編”の決着が告知され話題となった同作(関連記事)。今後は2017年3月発売号で決着を迎え、2018年2月発売号まで最終章を描く予定です。

 代表的な作品が完結するとあって、その告知以来Twitterなどでは同誌の廃刊を懸念する声も少なくありません。しかし竹書房の情報サイト「キンマWeb」は、このうわさを真っ向から否定。「良い機会なのでここで声を大にして言っておきますが、『近代麻雀』は存続します!!」と力強く宣言しました。


宣言 雑誌の存続を大きく強調

 「アカギ」の完結については、駅貼りポスターでも告知中。新宿・代々木・原宿・渋谷・恵比寿・目黒・大崎・新橋・有楽町・東京・秋葉原・上野・西日暮里・池袋・高田馬場の、JR山手線15駅の構内に掲示されています。


(沓澤真二)


関連キーワード

麻雀 | Web | 漫画 | 天才 | 雑誌


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!