ニュース
» 2017年02月15日 15時34分 UPDATE

「どこでもドア」をVRで体験できる動画がめっちゃ楽しそう バンダイナムコが公開

没入感すごそう。

[セネガル山田,ねとらぼ]

 「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の公開を記念した特別企画「ドラえもんVR『どこでもドア』」のプロモーションビデオが公開されました。

ドラえもんVR「どこでもドア」webページ

 この企画はVRゴーグルと振動、風、音の体感マシンによって、「どこでもドア」を開くたびに次々に広がる別世界を、現実さながらに全身で体感できるというもの(関連記事)。バンダイナムコエンターテインメントが制作を担当しており、1月30日から一般参加の申し込みを受け付けています。

ドラえもんVR「どこでもドア」webページ おなじみのあの世界が目の前に

 動画では、VRゴーグルなどを装着した体験者の目の前に、あの「のび太の部屋」の光景が広がります。「わぁーすごい!」「どら焼きだ」などの声が聞こえる中、なんとのび太の机の引き出しから挨拶をしながらドラえもんが登場! 体験者は一斉に「キャー!」「ドラえもんが出た」と大興奮。

ドラえもん登場で大興奮 ドラえもん登場で大興奮

 そしてどこでもドアを開けると、そこには白い流氷と真っ青な海の広がる「南極」が! 「おぉー寒っ!」「雪降ってる!」「あっペンギンいる!」と体験者のテンションも最高潮に。

恐る恐るドアの中へ 恐る恐るドアの中へ
一面に広がる南極の世界にびっくり 一面に広がる南極の世界にびっくり

 足元の氷が崩れ出すと、「えっなになに危ない危ない!」「ヴァーーー!」「ちょちょちょ!」と足をすくめ床に手をつき本気で怖がる体験者。ほかにも、どこでもドアから動く電車の上に飛び出した体験者が、トンネルにぶつかりそうになり悲鳴を上げ本気でしゃがむ様子が見られました。

 すべての体験を終えゴーグルを外した体験者は、「なんか夢の世界」「本当に怖かった」「めっちゃおもろい」と興奮が収まらない様子。

本当に怖かった 「本当に怖かった」と語るスーツ姿の男性

 VRどこでもドアは東京ソラマチ(東京都墨田区)で2月15日〜4月16日まで実施。現在も体験予約を受付中です。体験時間は約10分程度、体験可能年齢は14歳以上となっています。

会場アクセス 会場アクセス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー