ニュース
» 2017年02月15日 16時52分 UPDATE

阪大・ドワンゴ・パルコが共同で“アンドロイド”アイドル育成企画発表 ネットとリアルでAIを育成

アンドロイド+アイドルで「アンドロイドル」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大阪大学の石黒研究室が開発したアンドロイド「U」を、「アンドロイドル(アンドロイド+アイドル)」として育成するプロジェクトが発表されました。ドワンゴとパルコの協力のもと、ネットとリアルの両面で育てられます。


イメージ

 アイドル育成の手法を用いて、人と豊かに関わるアンドロイドを創成する社会実験。ドワンゴはniconicoに公式ページを設け、ユーザー参加型の企画を提供します。

 ニコニコ生放送を通じて、ユーザーコメントによるコミュニケーションをUのデータとして収集。これをもとに対話システムの構築をサポートしつつ、未完成なアンドロイドが完成していく様子をエンターテイメントとして放送します。ほかにも、Uの寝姿を定点生放送したり、ニコニコ神社で巫女のバイトをさせたりといった企画を用意。


公式サイト 公式サイト「Uの部屋」。既に生放送を不定期に配信している

 パルコは店舗にて、Uのリアルな活動の場を提供。Uを池袋PARCOのインフォメーションスタッフや1日店長として起用し、来店者とコミュニケーションできる機会を提供します。さらに出店するファッションブランドとのコラボレーションなど、同店のイメージガールとしての活動も予定されています。

 今後の活動の詳細は、公式ページで随時公開されるとのこと。アンドロイドの成長過程が公開されるのは興味深いところです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう