ニュース
» 2017年02月15日 21時00分 UPDATE

日本酒「酒を売る犬、酒を造る猫」のラベルデザインが気になるかわいさ 2匹のキャラでお酒造りコンビの出会いを表現

大学の同級生2人のストーリーが込められたステキなデザイン!

[宮原れい,ねとらぼ]

 印象的な名前の日本酒「酒を売る犬、酒を造る猫」がTwitterで話題になっています。ラベルに描かれた“ネクタイをした犬”と“眼鏡をかけた猫”のイラストがとてもかわいらしく、どこか物語性を感じさせるデザインが素敵です。



酒を売る犬 酒を造る猫 日本酒 KURAND ラベル 飲みの席で一緒に座る2匹がかわいい(画像提供:@mgmgnetさん)

 100種類以上の日本酒が飲み比べできる日本酒専門店「KURAND」で提供されている「酒を売る犬 酒を造る猫」。新潟県・宝山酒造の5代目蔵元・渡邊さんが酒造りの修行から蔵に戻って初めて醸した新ブランドで、大学の同級生で現在は宝山酒造の営業である若松さんと共に酒造りがスタート。ラベルイラストではそんな2人の「出会い」を、猫好きな渡邊さんを“猫”、人懐っこさのある若松さんを“犬”に例えてデザイン。飲み会で隣の席になった時のシーンが表現されています。これは素晴らしい……。


酒を売る犬 酒を造る猫 日本酒 KURAND ラベル 宝山酒造を担う2人の1本

 中身はお米、水、人のオール新潟にこだわった純米吟醸で、夏場でも爽やかに飲むことができるよう調整した夏の限定酒仕様。そのため、コッテリ系の料理や味噌系の料理と好相性となっています。


酒を売る犬 酒を造る猫 日本酒 KURAND ラベル 猫と犬の色合いと文字のデザインがおしゃれな雰囲気ある

 Twitterでは特徴的なラベルのデザインに「何これ超かわいい!」「欲しい」との声が寄せられ、他にも「渋さもあるから、日本酒らしい」という声や、ラベルから「どんな日本酒かな〜」と気になるという声も上がっています。


酒を売る犬 酒を造る猫 日本酒 KURAND ラベル ラベルで飲んでみたくなるお酒

 日本酒専門店「KURAND」は新宿店、大宮店、渋谷店、浅草店、池袋店の5店舗。店内で飲めるお酒は入荷状況によって入れ替わり、現在飲めるお酒は公式サイトから確認できます。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー