ニュース
» 2017年02月20日 19時00分 UPDATE

「さつまいもが10トン余っています」→あっという間に注文締切 Twitterで予想外な展開を迎えた神田大浦農場に話を聞いてみた

廃棄しなくて済むように畑を小さくしたら豊作。困って宣伝してみたら……。

[マッハ・キショ松, 黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ―――無農薬のさつまいもが10トン余って困っています……!!

 そんなツイートからブランドいもへの注文が約1600件も殺到し、約3〜4時間で受付締切となった神田大浦農場(埼玉県)の一件がネットで話題になっています。


画像 栗安納芋4キロとその干しいも1袋を3500円で販売などと宣伝したところ……


画像 10トン分あったにもかかわらず、たった3〜4時間で注文締切に(公式サイトより)

 注文が相次いだのは、神田大浦農場が3年間かけて開発し、無農薬で栽培している「栗安納芋」。品種はねっとりとした食感と強い甘みで知られる安納紅。焼きいも、干しいもでおいしく食べられるのはもちろんのこと、焼きいもを冷凍した商品「冷やし栗安納芋」もアイスのような食感が楽しめるのだそうです。


画像 昨年栗安納芋が獲れた時の写真(提供:神田大浦農場)

 しかし農場ではトラブルがあって、2016年秋の収穫分が10トンも余っていました。2015年は20トンも収穫していたのですが、買い付け契約していた企業の該当部門が2016年初夏に突然閉鎖してしまい、夏には多くを肥料として廃棄することに。今回はそうならないようにと畑の面積を半分にしたのですが、同時に栽培方法を改善してみたところ今度は16トンも実ってしまったのです。

 「6トン分の買い手はあるけれども残りはどうしよう」。農家、Web宣伝担当者、その仲間たちで頭を抱えていました。そこで仲間の1人が知り合いにTwitterで宣伝してもらうことに。しかし正確な情報が共有できず、知り合いはてっきり取引先が閉鎖したのは今回の出来事だと勘違いしたまま、2月9日に以下のようなツイートをしました。

「【拡散希望】友達の知り合いの埼玉の農家さん、無農薬のさつまいも(栗安納芋)が10t余ってしまって困っています…!! 料亭等に卸す用のとても甘くて美味しいお芋ですが、取引先が潰れてしまい大量にお芋が余ってしまう事態になってしまったそう…。夏にはダメになってしまうので、それまでに誰かのお腹に入って欲しい…!」

 ユーザーは「2桁リツイートいったらいいほうかな」と、当初注目が集まるとは思っていなかった様子。しかし予想をはるかに上回る勢いで拡散され、最終的に3、4時間で3万5000回以上ものリツイートされます。


画像 Togetterにもまとめ記事が登場

 ツイートには申込先としての携帯電話の番号も添えてあったため、注文の電話が農作業中の大浦さんに殺到します。合間をぬって対応していましたが、"1件受けている間に不在着信が40件入っている"ような状態で、ついには電池も切れてしまいます。事態を把握したWeb担当者があわてて注文フォームがあることをTwitterに書き込みましたが、今度は注文メールの通知の間隔が30秒に1回、20秒に1回、3秒に1回と短くなっていき、今度はスマホがピロンピロン鳴りっぱなしに……。

 去年の6月から一度も入っていなかった注文が、この3、4時間で数秒に1件ペースで入ってくる。現場は喜び以上に、この予期せぬ異常事態によって多くの人に迷惑をかけてしまうのではと焦りに包まれます。ひとまず在庫以上に受けてしまわないようにと、約1650件で注文を締め切りました。注文フォームの不備によって多くの人の住所が分からなかったため、一人ひとりに発送できるよう、10日以上経った現在も対応を続けています。

 後手後手の対応だったことからいくつか不手際があり、注文フォームから「ガセ情報ではないか」「詐欺だと思うからキャンセルします」と一部疑うメールも来たとのこと。宣伝ツイートが、取引先が潰れたのは今年だったと誤解を招くようなニュアンスになっていたことにも、「伝言ゲームのようにやり取りしたため話がうまく伝わっていませんでした。誤解した方々だけでなく、発信主さんにまでご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」と担当者は謝罪していました。

 しかし注文メールのほとんどは、「農業高校出身なので苦労がわかります」「発送大変でしょうから直接買いにいきましょうか」「手伝いに行きましょうか」などあたたかいメッセージを添えたものだったといいます。Twitterによって農場の状況が知れ渡り、応援の声が多く来たことに、「人間ってあたたかいなと本当に思いました。こんなに世の中にいい人が多いなんて。農家の2人も、注文よりも皆さんの言葉に感動しつづけていました」と担当者は振り返っていました。

 現在農場はTwitterアカウントを開設し、情報発信を行っています。農場の大浦さん(31歳)が今回の件に関して感謝の気持ちをつづった文章も公式サイトで公開中です。


画像画像 現在出荷作業を行っている様子

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう