ニュース
» 2017年02月15日 22時17分 UPDATE

かわいすぎ注意! レッサーパンダの子どもがレッサーパンダのぬいぐるみをギュ

ママと離れて治療中のレッサーパンダの子どもに新しいお友達ができました。

[かのん,ねとらぼ]

 オーストラリア、シドニーのタロンガ動物園で飼育されているレッサーパンダの子ども「マイヤ」。母親が彼女の首をくわえて運んだときにケガをしてしまい、獣医さんの診察が必要になりました。そして首の傷が治るまで、ママと離れて飼育員さんによってお世話をされています。

 ママがいなくて寂しい思いをしているであろうマイヤに、新しいお友達ができました。赤いふわふわのレッサーパンダのぬいぐるみです。飼育員さんに抱っこされながらぬいぐるみを抱き、興味津々でかみかみしているマイヤ。ミルクを飲む間もぬいぐるみはしっかりと抱いたまま。これは相当お気に入りのようです。もしかしたら、本物のママだと思っているのかな?

パンダ もふもふもふ
パンダ いつでも一緒!

 マイヤは傷が治り次第、ママのもとに戻れる予定です。それまではこのぬいぐるみが、ママの代わりにマイヤの心を癒してくれることでしょうね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう