ニュース
» 2017年02月16日 16時25分 UPDATE

マンゴー風味なのにビーフカレーにしか見えない そっくりに作ったチョコが再現度高すぎて脳が追いつかない

まったく味が想像できない。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 バレンタインデーに合わせて作ったという、カレーライスにそっくり過ぎるチョコが「何度見てもカレー」「チョコと知っていても、脳が追いつかない」と話題になっています。辛そう(混乱)。


カレーっぽいなにか ※カレーライスではありません

 白飯のように見えるのは、ホワイトスポンジにケーキクラムをかけて盛り付け時のデコボコ感を表現したもので、カレーっぽいのはマンゴーピューレを混ぜたチョコソース。ゴロゴロと具材が入っていますが、これはじゃがいもや牛肉、玉ねぎ、にんじん……ではなく、カットの仕方をまねた黄桃、洋梨、チョコブラウニーなどです。特にフルーツは本物の具材とかなり色が違うのですが、チョコソースでうまく隠されています。

 何度見てもおいしそうなビーフカレーとしか思えない出来栄えに、Twitter上には「完成度高すぎて見た目と味のギャップ」「辛い……甘い……?」と脳が誤作動を起こしてしまう人が続出。投稿者によれば、このチョコを受け取った夫も「半分くらい食べるまでは『……???(俺がおかしいのか…?)』みたいな顔」をしていたそうです。クオリティーが高すぎて、人間の理解力の限界を突破しているもよう。


やっぱりチョコっぽいなにか 材料を見ても、う〜ん。やっぱりカレーっぽい


材料 スポンジの中にヨーグルトとフルーツが

ツイート提供:隣野こねこさん(@koneko_t

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー