ニュース
» 2017年02月16日 17時50分 UPDATE

病気療養中の声優・藤原啓治が約半年ぶりにツイート ファンからの手紙やチョコに「ホントに嬉しかったぞー!」

「だから来年もちょーだーい!」と明るくメッセージを送っています。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役、「アイアンマン」のトニー・スターク役などで知られる、声優の藤原啓治さんが2月15日、Twitterで約半年ぶりとなるファンへのメッセージを発信しました。藤原さんは、2016年8月に病気療養による長期活動休止を報告していました。

藤原啓治 2016年8月から長期活動休止をしていました(画像はAIR AGENCY公式Twitterから)

 自身が代表取締役を務める声優事務所・AIR AGENCYの公式アカウントからツイートした藤原さんは、「藤原です!実は最近チョコとか甘いものをやたらと食べるようになってまして…」と近況を報告。「バレンタイン前だと催促してるみたいでしょ…だから控えてたのですが…実は欲しかったチョコ!」「手紙や療養中の今の私を想像してくれた結果であろうプレゼント…ホントに嬉しかったぞー!」と、バレンタインデーの贈り物をしたファンへの感謝をつづり、「だから来年もちょーだーい!」とおちゃめにメッセージを送りました。

 半年ぶりとなった藤原さんからのツイートに、「久しぶりのツイート嬉しいです!」「お元気そうでホッとしました」「また啓治さんの声を聞ける日を 楽しみにしています」と、ファンからは喜びの声が寄せられています。

 また、2月4日・5日に盛岡市で行われた朗読会「ほし×こえ」でも、企画をプロデュースした藤原さんからの手紙が発表されていました。公演に出演した桑島法子さんはTwitterで「不覚にも泣かされ、無理矢理こらえましたが、最後の挨拶何も言えなくなりそうだった」とつぶやいてます。

藤原啓治 元気に復帰するのをお待ちしております(画像はAIR AGENCY公式サイトから)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう