ニュース
» 2017年02月17日 07時30分 UPDATE

歩きスマホで下を見て歩く人々の事故対策 歩道にLEDを埋め込みんだ信号「ライトライン」がオランダに登場

増えていく歩きスマホユーザーの危険を回避するためのアイデアです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 オランダの都市ボーデグラヴェンで、外で歩きスマホをする人々“スマホゾンビ”のための信号「ライトライン」が開発され、現在テスト運用が開始されています。


スマホ ゾンビ 歩道 信号 LED 埋め込み 光るライン状の信号が地面に設置されています

 ライトラインは、歩道自体にLEDを埋め込み、地面から「赤」と「青」の光で信号の色を知らせるアイデア。スマホを見ながら移動している場合、自然と下に視線がいってしまうため、その視界に入るように設置されています。

 ライトは昼間でも視認でき、テスト中の現在はいくつかの学校近くの交差点で設置され運用されています。


スマホ ゾンビ 歩道 信号 LED 埋め込み 夜は特に目に付く仕様

 同市の市議会議員であるKees Oskam氏は、「魅力的なSNS・ゲーム・音楽のために交通への注意を犠牲にしている」と現状を危惧(きぐ)。「政府としてこの傾向を逆転することはできないが、先手を打ちたい」と今回の施策について述べています。

 開発したHIG Traffic Systemsは、今後オランダ以外の自治体にも製品提供することを目標として掲げています。


スマホ ゾンビ 歩道 信号 LED 埋め込み ながらスマホを“やめさせる”からその事故防止対策へ

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう