ニュース
» 2017年02月17日 09時30分 UPDATE

オレンジ頭が超キュート! アメリカの動物園で絶滅危惧種「フランソワルトン」の赤ちゃんが誕生

2月6日生まれです。

[つかさ,ねとらぼ]

 アメリカ・シカゴにあるリンカーンパーク動物園で2月6日、絶滅危惧種に指定されている「フランソワラングール(フランソワルトン)」の赤ちゃんが誕生しました。公式サイトやTwitterで公開された赤ちゃん猿は、なんとオレンジ色!

 実は、フランソワルトンの赤ちゃんはこのようなオレンジ色の毛をしているのが特徴なんです。成長するにつれて徐々にお母さんのように真っ黒になっていくそう。ということは、この愛くるしいフランソワルトンの赤ちゃんを見られるのは今だけ! 

 お母さん猿のパンプキンはとっても用心深い性格をしており、誰にも見せまいと赤ちゃんをしっかりと抱っこ。そのため、まだ性別がハッキリと分かっていないのだとか。

フランソワルトンの赤ちゃん 我が子が可愛くて思わず「チュッ!」

フランソワルトンの赤ちゃん ほかの猿も様子を見に来てくれています。

 パンプキンにとって7人目となる今回の赤ちゃん。「パンプキンは気配り上手で経験豊かな母親。群れのみんなも彼女を支えている」と公式コメントにある通り、赤ちゃんの育成環境はとっても良好な様子。すくすくと元気に育ってほしいですね。

 日本では、よこはま動物園ズーラシアが飼育しており、2016年11月に赤ちゃんが誕生しています

つかさ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう