ニュース
» 2017年02月18日 08時00分 UPDATE

ダイヤモンドの装飾に、高級車のような輝き お値段1000万円超のラグジュアリーな便器が誕生

もはやアート。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 高級車のような輝きに、ダイヤモンドをあしらった桜の花びら――そんな美しさを追求した高級便器「紅(くれない)スパークリングバージョン」が開発されました。お値段はなんと1000万円超!


ラグジュアリートイレ 1000万円掛けると、便器もここまでラグジュアリーに

 「紅スパークリングバージョン」は、住宅設備の販売、工事などを行う栃木県の企業・さかもとが「ジャポニズム−日本美の伝統と進化」をコンセプトに掲げた便器シリーズ「BIDOCORO(ビドコロ)」として開発したもの。同シリーズからは、これまでにも77万円を超える漆仕上げの便器などが登場していますが、今回の製品はさらに高額で1000万円以上となっています。トイレどころか、条件によってはお家が丸ごと買えそう。

 フタ部分には世界で初めて金粉蒔絵風のデジタル写し装飾をあしらい、ダイヤモンド、スワロフスキーを埋め込んだ桜の花びらが川を流れている様子がデザインされています。便器本体は、ハイエンドスポーツカーなどを扱う技術者が塗装を手掛けており、まるで高級車のような輝きを放つとのこと。もはや芸術品としか思えない仕様で用を足すのが恐れ多い気もしますが、外国人旅行者に日本の文化、技術を見てもらう狙いがあるのだそう。

 「紅スパークリングバージョン」は、「国際ホテル・レストラン・ショー」(東京ビッグサイトで2月21日〜24日開催)にて出展、販売される予定。日本人の皆さんも、いつかどこかで使うチャンスがあるかも……?


トイレ 座るとほとんど見えないはずですが、「すごい便器を使った」と思い出になりそう

マッハ・キショ松

関連キーワード

トイレ | 贅沢 | ジュエリー | | デザイン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう