ニュース
» 2017年02月18日 22時00分 UPDATE

SWAT部隊が愛猫のために小屋作り ウッドデッキ付きの立派な新居に大満足ニャ

米警察特殊部隊発のほっこりエピソード。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アメリカボストン州警察のSWAT(特殊武装戦術)部隊隊員が、チームで飼っているネコのために小屋を作りました。SWATが放つ“精鋭”のイメージからは、思いも寄らないほっこりニュース。


小屋 立派な新居!

 州警察の公式サイトによると、部隊は2013年に迷い込んできた三毛猫を保護。以来、マスコットの「SWATキャット」として世話してきたそうです。今回はこの子のために、キャリア15年のベテラン隊員が小屋作り。小屋とはいえ、ガラス窓付きの立派な住居です。


製作製作 ガレージでの製作風景

設置 設置の様子。屈強な隊員たちが、ネコの家を運んでいると思うとなごむ

 矢倉のように高く組まれた小屋には、食事用のウッドデッキも。ステキな新居を作ってもらえて、SWATキャットさんも満足そうです。


満足 心なしか精悍(せいかん)に見えるSWATキャットさん。やはり飼い主に似るのかしら


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう