ニュース
» 2017年02月21日 08時00分 UPDATE

「化女沼レジャーランド」の廃墟テーマパーク化が中止に 売却後の見学・撮影等は禁止

同施設は「廃墟マニアの聖地」と呼ばれテレビ等でも話題になり、その動向が注目されていました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 10年以上前に閉園し“廃墟”となった遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」(宮城県大崎市)。2017年1月には初の「廃墟テーマパーク」として開業するプロジェクトが始動していたが、同月末に企画の中止が発表された(関連記事)。



 プロジェクトでは企画者のshoukakuさんが、クラウドファンディングにて購入金額5億円のうち不足分の1億2000万円を目標金額として設定していた。開業に成功した場合には、敷地内にある温泉を利用しつつ「廃墟ツアー」などを開催する予定だったが、「メディア等でも取り上げられ各企業との交渉も進め、自身もこれからと意気込んでおりましたが、後藤社長(※同施設の所有者)もどうすることも出来ず土地の売買契約が別で進んでしまい、残念ながら断念せざるを得ない状況となりました」と、実現できなくなった経緯を話している。



化女沼レジャーランド 廃墟 テーマパーク 企画 中止 廃墟となった「化女沼レジャーランド」の入り口

 また以前に後藤社長から依頼を受け、同施設の引き取り手を募集していた(関連記事)廃墟マニアでTwitterユーザーのよごれん(@yogoren)さんも「今月末を目処に後藤社長から所有が他社へ移ることになりました」「不本意な形での最後となってしまいました」と事態を報告。

 施設は間もなく売却の見通しで、今後は見学・撮影等はできなくなる。


化女沼レジャーランド 廃墟 テーマパーク 企画 中止化女沼レジャーランド 廃墟 テーマパーク 企画 中止 不思議な雰囲気を漂わせていた朽ちた遊具

(宮原れい)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー