ニュース
» 2017年02月20日 18時24分 UPDATE

「真・女神転生」の“マーラ様”フィギュアがグッスマから登場 倫理的に大丈夫か不安になるレベルの再現度

大丈夫、アレじゃなくて魔神だからきっと大丈夫。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アトラスのRPG「真・女神転生」シリーズに登場する魔王「マーラ」のフィギュアが、「ワンダーフェスティバル 2017(冬)」に出展されました。あのものすごく男性のアレっぽい外見を、戦車とともに緻密に再現。大丈夫かなコレ……(この記事含め)。


マーラ こ、これは……

 マーラはもともと、悟りを開こうとする釈迦の前に現れて瞑想を妨害したとされる、魔神にして煩悩の化身。その故事から、日本では男性器のことを煩悩の象徴として「魔羅(まら)」と呼ぶ隠語が生まれています。

 古今東西の神々や悪魔が登場する同作でも、同様の解釈がなされた姿で登場。立派にそそり立つ姿に圧倒されるあまり、“マーラ様”と呼び敬愛するファンも少なくありません。その偉容を、フィギュアは独特の頭部から筋の1本1本に至るまで精巧に造形。完成度が高すぎていろいろな意味で怖い。


ズーム 寄って見ると、そのまがまがしさと精巧さがよく分かる

 製作は玩具の企画を手掛けるFREEing、販売はグッドスマイルカンパニーが担当。発売時期と価格は未定ですが、どのような形で店頭に並ぶのか、そもそも玩具店で売って大丈夫なのかと、今から気になって仕方ないです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう