ニュース
» 2017年02月21日 15時40分 UPDATE

海外旅行で余った外貨を電子マネーやギフト券に交換 専用端末「ポケットチェンジ」が羽田空港でサービス開始

中途半端に余ってしまった硬貨も交換できて便利!

[橘 慧,ねとらぼ]

 海外旅行から帰国した際に持て余しがちな残りの外国硬貨や紙幣。それらを投入することで、電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに交換できる専用キオスク端末「ポケットチェンジ」が羽田空港に設置され、サービスを開始しました。


画像 専用端末「ポケットチェンジ」(画像は去年6月に発表されたもの)

 「ポケットチェンジ」は、2016年6月に楽天本社社屋で日本初となるサービス開始後、大きな反響があり、空港関連施設など複数の場所で試験導入されていました。利用者の声を反映し、対応通貨・交換先・言語の拡充や利用方法の簡易化など改善が行われたそうです。


画像 「ポケットチェンジ」日本語版公式サイトより

 このたび羽田空港国際線ターミナル2階到着ロビー階に設置された「ポケットチェンジ」は、米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円を楽天Edy、Amazonギフト券、LINE ギフトコード、WeChat(微信)など15種類のサービスに交換可能。ユニセフをはじめとした団体への寄付もできます。対応言語は日本語、英語、中国語(繁体/簡体)、韓国語となっています。

 端末では氏名やメールアドレスなどの個人情報の入力は一切不要で、画面のタッチだけで取引が約1分以内に完結するといった利便性もうれしいですね。


画像 設置場所は国際線到着口向かってすぐ左(到着口を出てすぐ右手)

 「ポケットチェンジ」は今後、国内外の主要空港や空港駅など、複数拠点への端末設置・サービス提供を予定しているとのこと。使わず余った外貨が残るお財布をスッキリさせて帰途につく。海外旅行のあり方が、また便利な方向へと少しずつ変わっていきそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう