ニュース
» 2017年02月21日 16時18分 UPDATE

「KANA-BOON」飯田祐馬、清水富美加との不倫認め謝罪 妻との離婚をほのめかしたことも

バンドオフィシャルサイトで謝罪文を発表しています。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 ロックバンド「KANA-BOON(カナブーン)」のベーシスト・飯田祐馬さんが2月21日、宗教法人「幸福の科学」に出家したことで話題(関連記事)となっている清水富美加さんとの不倫報道を受け、バンドのオフィシャルサイトを通して謝罪しました。


 「飯田祐馬の報道につきまして」のタイトルで掲載された謝罪文で飯田さんは、「一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」と、交際関係にあったことを認めました。

 飯田さんは、2014年4月に一般女性と入籍していましたが、その事実を隠し、2015年6月から清水さんとの交際をスタート。同年9月に清水さんに既婚の事実を打ち明け、謝罪しましたが、清水さんへの気持ちが断ち切れず、2016年1月まで交際を続けていたといいます。また、その間に妻との離婚をほのめかしていたことも明かしました。

「KANA-BOON」飯田祐馬 飯田祐馬さん(右から2番目、「KANA-BOON」オフィシャルサイトから)

 謝罪文によると、交際については「妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております」とのこと。「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております」と、反省の言葉をつづっています。

関連キーワード

謝罪 | 清水富美加 | 不倫 | ロックバンド


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう