ニュース
» 2017年02月22日 07時00分 UPDATE

「そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」 富野由悠季、「この世界の片隅」片渕監督と対談し本音を語る

片渕監督との対談番組で絶賛。作品論や戦争論も。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 「そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ(笑)」――「機動戦士ガンダム」シリーズで知られる富野由悠季監督が、公開中のアニメ映画「この世界の片隅に」を絶賛しています。

富野由悠季、片渕須直両監督の対談が実現 富野、片渕両監督の対談が実現

 文化放送のオンデマンド配信サイト「AG-ON Premium」(本オープンは3月17日)がプレオープン記念で企画した前後編の対談番組で「この世界の片隅に」の片渕須直監督と対談した富野監督。

 富野監督は、「2時間超えの作品なのに立って見ているという苦痛を感じなかった。悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ(笑)。自分で作りたいと思った」と作品を高く評価。さらに富野監督ならではの作品論、技術面を語っています。

作品論から技術論、戦争論まで熱い対談が展開 作品論から技術論、戦争論も

 3月10日から配信予定の後編では、「この世界の片隅に」における“戦争”の描き方に話が展開。片渕監督は「すずさんは日常生活を営んでいたはずだったのに、何に追い詰められて“戦争をする側”の意識に至ってしまったのか。(中略)戦争は何が罪かというと、昨日まで普通の市民だった人が徴兵されて兵隊になるわけですね。そうやって人が本来犯すべきではない罪を背負わされたり、あるいは罪でもないのに罪悪感を背負わされたりする。そういう末に、すずさんは『私は戦っているのだ』という意識に至ってしまう」と、作品の人物造形に関わる詳細な解説を語っているのだそう。

 同じく戦争をテーマとしたアニメの先駆である「ガンダム」を生んだ富野監督が片淵監督の考えにどう絡むのか、熱い対談となりそうです。

SNS機能を強化するなど新機能が加わった「AG-ON Premium」はプレオープン中 新機能が加わった「AG-ON Premium」はプレオープン中

ADAKEN


関連キーワード

戦争 | 富野由悠季 | アニメ | ガンダム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう