ニュース
» 2017年02月22日 15時53分 UPDATE

5社共同で鉄腕アトムを開発する「ATOMプロジェクト」始動 第1弾はパートワークとして発売

アトム開発のアベンジャーズが集結。

[ねとらぼ]

 講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社は共同で「鉄腕アトム」の開発プロジェクト「ATOMプロジェクト」を開始すると発表しました。手塚治虫生誕90周年を記念して行われる企画で、発話しクラウドで成長する“一家に一台”の家庭用ロボット「ATOM」の普及を狙うそうです。


アトム ATOM

 ATOMのモデリングは手塚プロダクションが全面協力し、微妙な三次元曲面を再現。NTTドコモの自然対話プラットフォームを搭載し、電気系統のメインボードなどの基盤はVAIOが開発。富士ソフトはOS・AIの設計開発に携わっています。会話の元になるシナリオモデルの作成や出版コンテンツ、プロデュース、販売などは講談社が担当。

 プロジェクトの第1弾として4月4日に発売される「コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!」は、ATOMをユーザーが組み上げることができるパートワーク。VAIOは、ロボット製造で実績のある安曇野工場でATOMを組み上げる組立代行サービスも担当します。


アトム ATOM 5社がそれぞれの強みを生かします

 パートワーク版からスタートする「ATOMプロジェクト」ですが、今後は新たなロボット端末やBot・AIなどのソフトウェアまで、ハードウェア・ソフトウェア両面で展開を進める予定です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー