ニュース
» 2017年02月22日 18時40分 UPDATE

コインよりもはるかにちっちゃい! インドで世界最小レベルの新種カエルが発見

しかも一気に4種見つかったぞー!

[橘 慧,ねとらぼ]

 デリー大学の研究チームがインドのケララ州西ガーツ山脈で新種のカエルを7種発見しました。しかもそのうちの4種はミニチュアサイズ。その小ささたるやコインの上に余裕で乗ってしまう世界最小レベルです。よくぞ見つかった……!


画像 画像はニュースリリースより。新種のミニチュアカエルたちはD〜G。

 5年間にもおよぶ研究調査の末に発見された新種のカエルは一般にナイトフロッグと呼ばれており、小川に生息しているほかのカエルとは違い、湿度の高い熱帯雨林で落ち葉の下などに生息しているとのこと。

 研究チームの見解によれば、この種のミニチュアサイズのカエルはインドに数多く生息しているのですが「生息地域が他の種のカエルとは異なっているうえ、そのとてつもない小ささゆえに見過ごされていた可能性が高い。加えて鳴き声は昆虫のよう」と述べられています。

 新種のカエル発見に沸き立つ一方で、論文では絶滅の危機にも触れられており、新種発見に際して丹念な研究をしていくことにより、種を守っていくことの重要性も語られていました。西ガーツ山脈のカエルはすでに32%(全体の3分の1)が絶滅の危機に瀕しているのだそうです。

 成長してもオスの体長が12.2〜15.4ミリほどのミニチュアサイズの新種カエル。小さなカラダで、自然保護の重要性を世界中に訴えているかのようですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー