ニュース
» 2017年02月23日 12時18分 UPDATE

グーグル先生仕事早すぎぃ! Google検索トップ画面が「地球に似た7つの惑星発見」仕様のアニメーションに

実装までわずか数時間。

[橘 慧,ねとらぼ]

 NASA(米航空宇宙局)による、「地球と似た大きさと質量を持った惑星が少なくとも7つある」との発表(関連記事)を受け、Googleの検索トップ画面アニメーションに変化が。地球が望遠鏡をのぞきこむと、そこには……。


画像 Google検索トップ画面。地球くんが望遠鏡をのぞくと……

 望遠鏡から見えてきたのは、1つの惑星。するとほかの6つの惑星もぞろぞろと集まってきた! 最後の惑星くんが「こっちこっち」とばかりに手招きしているのは、発見された7つの惑星のうち3つが生命居住可能(ハビタブル)とされているからでしょうか。

 現在「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられている惑星たち。新しい仲間が増えて地球もうれしそうです。ほっこり。


画像 おっ!?

画像 ぼくたちもいるよー!

画像 フレンドリーな惑星たち


画像 地球もすごくうれしそう!

 この検索画面の新しいアニメーション演出は本日(23日)朝から実装されているのですが、新たな惑星に関するNASAの発表は日本時間で23日の3時。わずか数時間で実装したことになります。グーグル先生の仕事が早すぎる……。チームの努力の結晶でしょう。

 検索トップ画面を見るたびに「宇宙キター!」という期待感が高まる仕掛けで胸が熱くなりますね。

関連キーワード

惑星 | 地球 | Google | 宇宙 | NASA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう