ニュース
» 2017年02月23日 22時30分 UPDATE

本当に神経が衰弱するぞ クトゥルフ神話カードを集める闇のゲーム「SAN衰弱」登場でプレイヤーのSAN値ピンチ

正気じゃない(褒めてる)。

[橘 慧,ねとらぼ]

 キウイを避けつつキュウリを集める「かっぱ衰弱」や、“渡辺、渡邊、渡邉”など微妙な違いの“ナベ”をモチーフにした「渡る世間はナベばかり」などの謎カードゲームを世に送り出してきたゲームデザイナーの中村誠さんが、新作ゲーム「SAN衰弱」を発表しました。もうタイトルから衰弱前提じゃないですか。


画像 正気ぞ……?

 「クトゥルフ神話TRPG」のシステム「SANチェック」が何回も体験できるぞ! やったね! というのがこのゲームの特徴。深きものやクトゥルフ、ニャルラトテップなどのクリーチャーや神格が全18種のカードが40枚セットになっており、自分で用意するのは筆記用具、6面ダイス1個、10面ダイス2個、20面ダイス1個。

 あとは神経衰弱の基本ルールを踏襲。クリーチャーや神格に遭遇したら(カードが2枚そろったら)、いざSANチェックのお時間です! ちなみにSANチェックに失敗すると探索者のSAN値が減っていきます。SAN値が0になってしまうと狂気に陥ってゲームとしては敗北なので、本当にプレイヤーの神経が衰弱してしまうという慈悲のなさが魅力的。「ぶっちゃけもう帰らせてほしい」と懇願するお友達を引き留めることもゲームの一環になりそう。


画像 このようなカードが40枚セットになっておりまーす。いあ! いあ!

画像 だってほら、プレイ風景がもうこれだから(頭抱え)

 しかも、追加ルールとして「狂信者モード」も搭載。ゲーム終了時にSAN値が一番少ないプレイヤーが勝利します。SANが0にならないようにSAN値を削っていき、誰が一番狂気に近づくことができるかを競うというモードです。分かりやすいようにSAN値記録用紙も付属しているので、これならチェックも容易ですね。安心してガリガリしていきましょう。


画像 記録用紙ありがてぇよー……。救いはないんですか!

 こちらのゲームは3月12日に神戸国際展示場で開催される「ゲームマーケット2017神戸」で無料配布予定。常軌を逸した新たな闇のゲームに君の正気度が試される……!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー