ニュース
» 2017年02月24日 18時15分 UPDATE

「糖尿病に睡眠薬が効く」? 「ガッテン!」の特集で炎上 製薬会社は「推奨しない」とコメント

番組を見たという患者さんがさっそく処方を求めるケースも。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 NHKで放送された「ガッテン!」で、糖尿病患者に睡眠薬使用を推奨する内容だったことが波紋を呼んでいます。

「糖尿病に睡眠薬が効く」? 「ガッテン!」の特集で炎上 製薬会社は「推奨しない」とコメント 2月22日放送の「ガッテン!」(画像は公式Webサイトより

 問題となっているのは2月22日に放送された「最新報告! 血糖値を下げるデルタパワーの謎」と題された特集。番組では人間の熟睡時に観測されるという脳波「デルタ波」を紹介。「睡眠薬で熟睡時間を増やせば血糖値を下げることができる」として、睡眠薬の服用を推奨する内容となっていました。

 これに対し、視聴者からは「睡眠薬本来の用途と異なる」「検証が不十分なのにそのまま紹介するのは問題」として批判が噴出。また、番組内で紹介された特定の睡眠薬を間接的に宣伝する内容に見える点も批判を集めています。


「糖尿病に睡眠薬が効く」? 「ガッテン!」の特集で炎上 製薬会社は「推奨しない」とコメント Twitterで薬品名を検索すると「糖尿」がサジェストされるようになっています(2月24日16時現在)

 番組で紹介されていた睡眠薬「ベルソムラ」を製造する製薬会社・MSDに確認したところ、「ベルソムラは不眠症の治療薬。もちろん糖尿病治療薬としての使用は推奨していない」と説明がありました。なお、番組内容については「現在調査中」とのこと。また、厚生労働省の安全対策課に本件について取材したところ、番組内容については把握していなかったものの、「一般論として、副作用はどんな薬でも起こり得る。医薬品の使用判断については医師の判断の元において行われるべきであり、その観点で、正確な情報が伝えられる必要がある」とのこと。

 また、NHKはねとらぼの取材に対し、「さまざまなご指摘を受けて、番組の内容を再確認しています」とコメントしました。同番組はNHK総合で、2月28日0時10分に再放送予定となっています。


【追記】 記事掲載後にNHKから取材の回答があったため、追記・修正しました。また、当初記事ではMSDからのコメントを「糖尿病患者への使用は推奨していない」と記載していましたが、「糖尿病治療薬としての使用は推奨していない」の誤りでした。糖尿病と不眠症の症状が併発している場合、糖尿病薬とは別に不眠症の治療のためベルソムラを服用するケースが考えられます。お詫びして訂正いたします。


関連キーワード

睡眠 | 医薬品 | 糖尿病 | NHK


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう