ニュース
» 2017年02月27日 20時19分 UPDATE

ねっと用語知ったかぶり:ネット上で見かける言葉「ニキ」「ネキ」ってどんな意味?

ニクやネギに似てるけど違うんです。

[ねとらぼ]

 たまに見かけるネット用語を、勝手に知ったかぶりで解説する「ねっと用語知ったかぶり」。今回は「ニキ」「ネキ」をご紹介します。


ニキ・ネキ

【ニキ・ネキ(にき・ねき)】

 「ニキ」「ネキ」とは、「アニキ(兄貴)」「アネキ(姉貴)」を略したものです。

 「ニキ」は、2ちゃんねるの「なんでも実況J」板から広まったとされる言葉です。その起源は阪神の金本知憲監督。彼は現役時代、ここぞという場面でヒットを打つなど、チームメイトから頼りにされており、その活躍ぶりから「アニキ」と呼ばれていました。そこから転じて、金本監督以外でも、頼りになるような人を「○○ニキ」と呼ぶようになっていきました。

 「ネキ」は「ニキ」の女性版、つまり頼りになる女性に対して、名字や名前の後に使われます。ただし、女性離れしたパフォーマンスを発揮する人に対しては、敬意を込めてあえてネキではなくニキが使われることもあります。

 また、何かを得意げにひけらかす人に対して、「ニキ」「ネキ」とつけて皮肉る場合もあります。尊敬の念を込めて使っているのか、それとも揶揄(やゆ)するために使っているかは文脈を見て判断する必要があります。


ニキ・ネキ

【使い方】

例1:さすがワイらの○○ニキ(○○ネキ)や!

例2:株取引に自信ニキ。


関連キーワード

2ちゃんねる | ネット用語 | 野球 | 解説


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー