ニュース
» 2017年02月28日 14時48分 UPDATE

SNSやサイトに「カイジ」「ポプテピ」などのコマを埋め込めるサービス登場 ネタ投稿がはかどる

ざわ……ざわ……って私が最初にいい出した事になんねーかな。

[コンタケ,ねとらぼ]

 マンガのコマをSNSやサイト上に埋め込めるサービス、「マンガルー」が登場しました。「アカギ」「カイジ」「ぼのぼの」「ポプテピピック」など、ネット上で人気のあるマンガがそろっています。


マンガルー ポプテピピック カイジ マンガルーのイメージ


マンガルー ポプテピピック カイジ マンガルーで配信中の作品の一部

 同サービスは権利者から利用許諾を受けており、作品ごとの利用許諾申請は不要。利用者は自分でコマを切りだして埋め込みコードを貼り付けることで、ストックフォトやスタンプのような感覚で使えます。

 埋め込まれたコマはマンガルーサーバから配信する仕組みとなっており、コマには自動的に各ネット書店・電子書店へのリンクやコピーライトが表示されます。出版社などのコンテンツホルダーは、権利を守りながらマンガの認知拡大、販売促進ができる仕組み。


マンガルー ポプテピピック カイジ マンガルーの仕組み

 利用するにはマンガルーのサイトのフォームからアドレスやサイトのURLを入力して送信し、URLのサイトに問題がなければアカウントが発行されます。URLはTwitterなど個人のSNSアカウントでもOK。

 実際に使って試してみたかったのですが、アカウントの発行に長いと中1〜2営業日掛かる場合もあるとのことでまだねとらぼでは利用できません。使い方としては、登録されているマンガの中から好きなコマを切り取って貼り付ける、という形式になるようです。

 著作権的の問題を気にすることなくマンガのコマを使えるようになるのは、ブロガーやSNS利用者にはありがたいですね。アカウントが発行されたら、別の記事で利用してみたいと筆者も思っています。

16時00分追記

 アカウントが発行されていたので、実際に試してみました。これは面白い。

関連キーワード

漫画 | ポプテピピック | SNS | 著作権


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー