ニュース
» 2017年03月01日 18時28分 UPDATE

ドラマ「孤独のグルメ」Season6が4月スタート 「スペシャル版」Blu-ray&DVD BOXの特典映像も発表

春は孤独のグルメ祭りだ、うおォンうおォン。

[ねとらぼ]

 ドラマ「孤独のグルメ」の約1年半ぶりとなる新シリーズ・Season6が、4月7日よりテレビ東京系列で放送されます。合わせて、4月12日に発売されるBlu-ray&DVD BOX「孤独のグルメ スペシャル版」の特典映像の詳細が発表されました。

孤独のグルメ Season6 テレビ東京公式サイトより

孤独のグルメ Season6 「孤独のグルメ スペシャル版」パッケージ

 Season6は2月18日に都内某所でクランクイン。主人公の井之頭五郎を演じるのはもちろん松重豊さんです。同作は実在の飲食店をロケするのが見どころですが、今回は都内や地方出張に加えて「あの食の聖地へも出張が決まり、スタッフ一同やる気満々です!」と告知されており、どの店を訪ねるのか気になるところ。4月クールの放送は初ということもあり、いつもに増していろんな国・ジャンルのグルメが続々登場するといいます。4月7日より毎週金曜の24時12分から放送。

 また今シーズンは、漫画「孤独のグルメ」の作画を担当した谷口ジローさんが逝去してから初めての新シリーズ(関連記事)。原作者の久住昌之さんは「谷口さんがこれほどまでに緻密に、繊細に、美しく描いてくれたからこそ、『孤独のグルメ』はこれほど長いこと、多くの人々に読んでもらえ、ドラマも愛されているのです」、川村庄子プロデューサーは「谷口さんの果てしなく広がる画の世界観をドラマは映像の中に追い求めてまいりました。『孤独のグルメ』で何かもっとご一緒にできることがあったのではないか、と自分に対して悔しい気持ちもあります。一同これからも『孤独のグルメ』という宝物を大切に育ててゆきます」と、それぞれコメントを寄せています。

孤独のグルメ Season6 「孤独のグルメ スペシャル版」のメインビジュアル

 「孤独のグルメ スペシャル版」はSeason5以降に放送されてきたスペシャルドラマをまとめて収録するもの。特典映像には、1月2日放送「お正月スペシャル〜井之頭五郎の長い一日〜」のメイキング映像が収録されます。松重さんがあえて空腹を我慢して撮影に挑む姿や事前に食べ方をシミュレーションする様子など、貴重な映像がふんだんに収められるとのこと。

 初回生産分には特典として五郎の手帳風「孤独のグルメ スペシャル BOOK」を限定封入。4月12日に発売、Blu-ray BOXは8500円、DVD BOXは6800円です(いずれも税別)。

Season6について関係者コメント

主演:松重豊

 あれから5年、ちょっと胃拡張になったようです。

原作者:久住昌之

 『孤独のグルメ』を始めて、とうとう5年が経ちました。ビックリです。でも先日、なんだか初心に返ったような気持で、season6のテーマ音楽を録音しました。五郎の台詞もまた新鮮な気持で書いています。ワンパターンを恐れず、けれど前を向いて作って行きたいと思っているので、よろしくお願いします。

 あたりまえのことですが、(先日お亡くなりになった)谷口さんがこれほどまでに緻密に、繊細に、美しく描いてくれたからこそ、『孤独のグルメ』はこれほど長いこと、多くの人々に読んでもらえ、ドラマも愛されているのです。原作者としては感謝の念しかありません。穏やかでやさしいけれど、決して妥協の無い仕事をし続けた人でした。『孤独のグルメ』の新作マンガがもう読めないと思うと、原作者本人としても、本当にさびしいです。ご冥福をお祈りします。

プロデューサー:川村庄子(テレビ東京 編成局ドラマ制作部)

 Sesson5放送終了から一年と二ヶ月。『孤独のグルメSeason6』4月期放送がついに決まりました。

 「孤独のグルメ」メンバーが集まるのはお正月スペシャルの昨年末以来で、久しぶりでもないのですが、レギュラーは皆格別の緊張感があり結束力がさらに強まっています。メンバーは皆、相も変わらず最高の癒しの食を求め、ただただ歩きまくり食べまくりの毎日です。

 先日、原作の画を手がけてらっしゃる谷口ジローさんが永眠なさいました。一同とても悲しく残念に思っています。ご冥福をお祈りいたします。谷口さんは久住昌之さんとともに、番組を力強く支えてくださいました。また谷口さんの果てしなく広がる画の世界観をドラマは映像の中に追い求めてまいりました。『孤独のグルメ』で何かもっとご一緒にできることがあったのではないか、と自分に対して悔しい気持ちもあります。一同これからも『孤独のグルメ』という宝物を大切に育ててゆきます。Season6という節目を迎えたこの春も、テレビの前の皆様に変わらぬ「最高の癒しの時間」をしっかりお届けしたいと思います。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!