ニュース
» 2017年03月02日 00時07分 UPDATE

Twitterが早ければ今週にもワードミュート実装へ 通知だけでなくタイムラインでも「NGワード」が指定可能に

待ってた!!!!

[ねとらぼ]

 Twitterは3月1日、実装が待たれていた「ワードミュート」機能を、タイムライン上でも使用可能にすると発表しました。目にしたくないキーワードやフレーズなどをあらかじめ指定しておくことで、タイムラインにツイートが表示されなくなるというもの。今週のアップデート以降、順次提供予定とのこと。


ワードミュート実装 ワードミュート機能のイメージ

 昨年11月のアップデートで「通知」欄には既に導入されていた(関連記事)ワードミュート機能ですが、これはあくまで「通知」に表示されなくなるというだけで、タイムラインには今まで通り表示されてしまっていました。今回のアップデートではこれをさらに拡大し、タイムライン上でも指定ワードを含むツイートをミュートできるようになります。また、ミュート期間は「1日」「1週間」「1カ月」「永久に」の中から選択することができ、例えばアニメやドラマなどのネタバレを見たくない場合など、一定期間だけその単語をミュートに――といった使い方もできるようです。



 今回のアップデートでは他にも「安全のための最新の改善点」として、「アルゴリズムによる悪質アカウントの一時規制(ユーザーからの報告がなくても、アルゴリズムが悪質なアカウントを自動で判別し規制を行う)」「プロフィールページに画像が設定されていない、メールアドレスを登録していないなど、特定のタイプのアカウント(要するにスパムの可能性が高い)からの通知受け取りをフィルタリング可能に」「嫌がらせツイートを報告した際、Twitterからも措置や報告について連絡するように」などの機能・要素が導入される予定です。


ワードミュート実装 特定アカウントのフィルタリング機能

 Twitterの発表によれば、各機能の実装は「順次」としており、全ての機能を提供するには数日から数週間はかかる見通しとのことです。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー