ニュース
» 2017年03月02日 13時21分 UPDATE

成田空港に人間そっくりな案内用ロボット「kokoro」登場 保険カウンターでの利用は全国初の試み

サンリオの子会社・ココロなどが開発し、実証実験を行っています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 成田空港第1ターミナルで、日本語、英語で会話できる人間型ロボット「kokoro」が案内を行う実証実験が行なわれています。保険カウンターに案内用ロボットが採用されるのは全国初の試み。


画像

 「kokoro」は、サンリオの子会社であるココロらが開発した「アクトロイド」シリーズの人体型ロボット。肩まで黒髪を伸ばしスーツを着用した人間の女性のデザインが採用されています。音声合成技術により日本語、英語で会話できるようになっており、第1ターミナル4階出発ロビーのGPA海外旅行保険カウンターで利用者への案内を行います。

 2月28日からゴールデンウィークが終了する5月8日まで、約2カ月間にわたって設置され、海外旅行保険の手続き時間・注意事項の案内などに利用される予定です。


画像画像 人間そっくりなデザイン


画像 設置場所

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう