ニュース
» 2017年03月02日 17時01分 UPDATE

TBSドラマ「カルテット」の“時間軸ズレてる問題”に終止符 「私達の単純なミスです」と異例の謝罪周知ツイート

考察するのも楽しみの1つとはいえウワサが拡散されすぎた?

[ねとらぼ]

“みぞみぞ”する人が続出

 2017年1月から火曜ドラマ枠で放送されているTBS系ドラマ「カルテット」において1つのウワサがささやかれていた。それはドラマの時間軸がズレているのではないかというもの。さまざまな根拠が積み重ねられ、放送直後から考察がまとめられるなどしてSNS上で話題となっていた。その拡散を重く見たドラマ側は3月2日、ドラマの公式Twitterアカウントにおいてウワサを否定する事態になった。

カルテット時間軸ズレてる問題

 ツイートは「カルテット」のプロデューサー・佐野亜裕美さんの名前で投稿され、時間軸がズレているとする根拠が単なる製作上のミスであると明かし謝罪している。

 ウワサの根拠となったのは、ケータイに表示されていた時間が夜だったのに、その相手が昼のシーンだったことや、同じ流れのシーンのはずがカレンダーのデザインが変わっていること、冷蔵庫に貼っている紙が変わっていることなどさまざま。ドラマタイトルロゴの一部デザインが矢印で相反してることやドラマ中に登場する「巻き戻っている感」といったせりふを連想する声も多かった。登場人物の思わせぶりなせりふやシーンなども相まっていつしかウワサが独り歩きしたともいえる。視聴者からさまざまな考察が寄せられtogetterにもまとめられた。

 こうした事態に「ハラハラしながら見守っていた」が「あまりにも広がっていくのを黙って見ていられず、どうにか食い止めたい」と異例の謝罪ツイートとなった。ドラマ側からのツイートは以下のとおり。

ツイート全文

 いつもカルテットをご覧頂き、本当にありがとうございます。毎回、皆様からの貴重なご意見やご感想を読ませて頂いております。その中で、ここ最近、「カルテット時間軸ズレてる問題」というのをよく目にするようになり、ハラハラしながら見守っていたのですが、あまりにも広がっていくのを黙って見ていられず、どうにか食い止めたく思いました。

 第6話で、別府さんの携帯画面に映されていた2月6日という表記、および家森さんの携帯画面に映されていた時刻は、私達の単純なミスです。本当に申し訳ありませんでした。ドラマは基本的に第1話から時間順に進んでおります。つまらないミスで、楽しんで観てくださっている皆様に誤解を与えてしまい、心よりお詫び申し上げます。

 軽井沢は時に突然雨が降り、諭高は単に食べたかったから鮭茶漬けを食べ、真紀は久しぶりに自宅に帰り、気付いた時に、カレンダーを変えたのだと思います。本来作り手は、作品の中で伝えたいことの全てを伝えるべきですし、100人100様の楽しみ方ができるドラマでありたいと強く思っているので、こんなやり方は邪道だと思いますが、この後も皆様に楽しく観ていただきたいと思い、長々と書かせて頂きました。

 3月21日の最終回まで、最後まで皆様に楽しんで頂けるよう、キャスト・スタッフ一同、全力で制作に取り組みますので、これからもカルテットを愛してくださると嬉しいです。何卒宜しくお願い致します。長文失礼致しました。

 2017年3月2日 「カルテット」プロデューサー 佐野亜裕美



カルテット時間軸ズレてる問題

 「カルテット」は松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんらが出演。脚本は「Mother」「最高の離婚」「Woman」など、数々のヒット作を手掛ける坂元裕二さんが担当している。

 なお、3月7日放送の第8話は、「WBC 日本×キューバ」に延長が発生した場合、放送時間が変更になる可能性がある。

(C)TBS

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー