ニュース
» 2017年03月03日 07時00分 UPDATE

有村架純、初の悪女役でランジェリー姿 映画「3月のライオン」で零との危うい関係性醸す

これは零も横向けない。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 羽海野チカさんの人気漫画を2部作で実写化した映画「3月のライオン」で、自身初の悪女役を演じる有村架純さんがランジェリー姿を披露しています。

神木隆之介と有村架純 これは零も横向けない

 神木隆之介さん演じる将棋棋士・零の青春を描く同作で有村さんが演じるのは、両親と妹を交通事故で亡くした零が引き取られることになる幸田家の長女・香子。プロ棋士を目指すも父から「零に勝てないなら無理だ」と諦めさせられたことで、父と零に愛憎半ばの感情を抱く一方、父の弟弟子であるプロ棋士の後藤(伊藤英明)と微妙な関係を続けている役どころです。

桐山零 桐山零、幸田香子、後藤正宗

 新たに解禁された写真は零の隣でセクシーなランジェリーに身を包み、憂いのある表情を浮かべる香子の姿。大友啓史監督が「零とは血の繋がっていない姉弟だから、危うい関係性がにじみ出ることを期待した」と話す役どころを好演しています。

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で人気を博し、2017年4月から放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」では主演を務める有村さん。「原作のイメージよりもう少し大人の女性に作り上げた」(大友監督)という色気のある姿は、「正統派」「清純派」のイメージを打破する役となりそうです。

幸田香子 幸田香子

(C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう