ニュース
» 2017年03月05日 14時30分 UPDATE

フェミニストは胸を見せちゃだめなの? エマ・ワトソンのノーブラ写真にネット上で議論巻き起こる

一方「胸を見せる」フェミニズム運動も。

[城川まちね,ねとらぼ]

 トップレスに近い姿を米Vanity Fair誌上で披露した英女優のエマ・ワトソンが、フェミニストらしからぬ行為だと批判を浴び、SNS上で議論になっています。

エマ・ワトソンVanity Fair記事内のショット 批判された写真(画像はVanity FairのInstagramから)

 数ページに渡って同誌に掲載された写真の中で批判されたのは、正面を向いたワトソンがトップレスで白のボレロだけを肩にかけている1枚。ボレロは短い丈で目も粗く「かろうじてバストトップが隠れている」状態。彼女が「フェミニスト」を公言し、2014年に任命された国連のUN Women親善大使として活動するなど、ジェンダー問題に取り組んできた姿勢とは相反するのではないかと批判が巻き起こりました。あるジャーナリストは問題になった写真を引用し「フェミニズム、フェミニズム……男女の給与格差……うーん何でみんな真面目に聞いてくれないんだろう……フェミニズム……あ、そっか胸をだせばいいのね、ほら!」とツイートしています。


 一方で、フェミニストにドレスコードはない、セクシーな格好をしたからフェミニスト失格だということはないとワトソンを擁護する声も多く見られます。


 フェミニストを公言しつつ、胸をほぼ露出した姿で誌面を飾ったことに批判が集まったワトソンですが、過去にはモデルのナオミ・キャンベルがバストトップを出した写真をSNS上に投稿し女性の権利を求めたことがありました。世界中に広がっているこの「FREE THE NIPPLE」は、女性がバストトップを見せたいということではなく、「女性も男性と同じように、自分の身体を見せるどうか自分で決める権利がある」と、女性が自分の身体について決定権を持つことを訴えるフェミニズム運動です。

 ワトソンは過去に国連のスピーチで、フェミニズムという言葉が攻撃的で魅力的ではない女性を連想させ、現在では多くの女性がフェミニストだと公言したがらないとし、「私の身体について、決定権があるのは私」と述べています。今回、ワトソンを擁護する意見にも、彼女が自分の身体を自由に扱い、したいことをするべきとするものが多数見られました。

エマ・ワトソンとカナダ首相ジャスティン・トルドー 男性にフェミニズム問題に取り組むように訴える「HeForShe」。カナダ首相ジャスティン・トルドーともジェンダー問題について話し合う(画像はVanity FairのInstagramから)



関連キーワード

Instagram | 写真 | 批判


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう