ニュース
» 2017年03月06日 11時30分 UPDATE

Twitterで「新宿の目」撤去のウワサ広まる 所有する小田急「そういった話はない」

Twitterで広まったウワサですが、小田急は否定しています。

[イッコウ,ねとらぼ]

 新宿駅西口地下広場にある「新宿の目」が、“再開発に伴って撤去される”というウワサがTwitterで広がっています。このことについて、所有者である小田急電鉄に確認したところ、「社内で確認したが、そういった話は出ていない」と否定しました。



 瞳をイメージしたガラスのモニュメント「新宿の目」は芸術家・宮下芳子さんによって1970年に製作されたもの。長い歴史を持っていることもあり、撤去を伝えるツイートは現在3000RTを超えるなど、広く拡散されました。Twitterでは「無くなる前に行こう」「新宿駅の目印になるものがなくなる」「残して欲しい」などの声があがっています。

 「新宿の目」は、東日本大震災から4年間ライトを消灯していましたが、2015年には内蔵ライトをLEDに変更。省エネを意識する形で再度点灯したことで、話題となっていました(関連記事)。


関連キーワード

新宿 | 小田急電鉄 | Twitter | SUBARU | 否定 | 芸術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー