ニュース
» 2017年03月08日 22時04分 UPDATE

芸術選奨文部科学大臣賞に「シン・ゴジラ」庵野監督と「この世界の片隅に」片淵監督 日本アカデミー賞に続く受賞

大臣賞受賞おめでとうございます!

[宮原れい,ねとらぼ]

 文化庁は3月8日、芸術各分野において優れた業績を表彰する平成28年度芸術選奨の受賞者を発表。映画部門の文部科学大臣賞に、「シン・ゴジラ」の庵野秀明監督と「この世界の片隅に」の片渕須直監督が選ばれました。



 贈賞理由として、庵野監督に対しては「多用な表現は空想特撮映画を再生し、その力量で新しい映像表現の可能性を見事に体現させた芸術性と技術力の融合は圧巻である」など。片渕監督には「戦争を知らない世代が戦争の恐怖とともに、世界の片隅にある何気ない日常の大切さ、そして希望までを観る者に静かに感じさせる」などの称賛の言葉が述べられています。

 3月3日に行われた「日本アカデミー賞」で、それぞれ最優秀作品賞と最優秀アニメーション作品賞を受賞したことで記憶にも新しい2作品(関連記事)。その監督が選ばれる結果となりました。庵野監督は日本アカデミー賞で最優秀監督賞も受賞しています。



 その他放送部門では、日本テレビのドラマ「ゆとりですがなにか」の脚本を執筆した宮藤官九郎さんが大臣賞を受賞。またメディア芸術部門の大臣賞は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の作者で漫画家の秋本治さんが受賞しています。




(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう