ニュース
» 2017年03月09日 08時30分 UPDATE

子どもの改札通過を親に通知 JR東日本が2017年秋目標に「改札通過通知サービス」開始

まずは山手線と中央線でサービスを開始し、2018年春までに順次エリアを拡大していく。

[ねとらぼ]

 子どもが改札を交通系ICで通過すると、親にその改札通過駅と時刻が通知される。JR東日本は2017年秋を目標に「改札通過通知サービス」を開始する。

改札通過通知サービス

 JR東日本が子育て支援を通じた沿線活性化事業として推進している「HAPPY CHILD PROJECT」の一環。子育て支援施設の拡充や子ども連れの乗客が電車内で楽しめるコンテンツの配信といった取り組みとともに計画されている。

 「改札通過通知サービス」は交通系ICで子どもが対象駅の改札機を通過すると、保護者に改札通過駅と時刻が、携帯端末に通知されるというもの。2017年秋に山手線と中央線(東京〜高尾)でサービスを開始し、2018年春までに順次エリアを拡大していき首都圏エリア約250駅で展開する予定。セントラル警備保障と提携して提供される。

改札通過通知サービス 仕組み

 同様のサービスに東急線や東急バスでPASMOを利用して改札や運賃機を通過すると、その情報がメール配信される「エキッズ」などが先行で運用されている。

関連キーワード

JRグループ | 子供 | 子育て | 支援 | IC乗車券 | 山手線


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう