ニュース
» 2017年03月09日 18時30分 UPDATE

ネットで誰でも自分の本屋が開ける 講談社が電子書籍販売プラットフォーム「じぶん書店」を立ち上げ

将来的には講談社以外の本、動画、音楽なども取り扱う可能性が。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 講談社が、メディアドゥと共同して電子書籍のセールスプラットフォーム「じぶん書店」を4月にスタートすることを発表しました。

 ネット上で紹介した本が売れるとポイントがもらえるアフィリエイトサービスのような仕組み。さまざまな作品のファンやクリエイターが自分で販売できるサービスに発展する可能性もあるようです。


画像

 「じぶん書店」は無料で「マイ書店」を開設し、電子書籍の紹介文を書いて販売するプラットフォーム。ブラウザ上で利用できるようになっており、紹介文はTwitterやFacebookでシェアすることが可能です。アプリをインストールしなくても試し読みに移れるうえ、会員登録すれば購入することも。そのため、SNSでの情報発信が、プロモーションに活用できるとしています。販売実績に応じて手に入る「アフィリエイトコイン」は電子書籍の購入に使ったり、他のポイントと交換したりすることが可能。

 リリース時は講談社の電子書籍約3万2000点が販売対象となり、同社から出版している作家、編集者の「書店」が開設されます。将来的には、他の出版社の本や動画、音楽などのデジタルコンテンツを取り扱うことも想定しているとのこと。


画像 紹介した本が売れると、ポイントがゲットできる仕組み

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう