ニュース
» 2017年03月09日 21時00分 UPDATE

米国のハンバーガーチェーン、AI搭載ロボをキッチンに導入 野菜のカット、盛り付けも学習できるすごいやつだよ!

2019年末までに世界各地の店舗に導入する予定。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 米国、サウジアラビアなどに店舗を構えるハンバーガーチェーン「CaliBurger」が、キッチンスタッフのアシスタントとしてAI搭載ロボット「Flippy」を導入したことを発表しました。人工知能はすでに自動運転車や顧客対応などの分野で使われていますが、飲食店の調理作業は世界初とのこと。

 「Flippy」のアームの先端には、中央で2つに分かれる円形のパーツが。内部が空洞になっているためパティを収納することができ、アームを回転、移動させることでパティをひっくり返したり、バンズの上に載せたりといった作業を行います。ディープラーニング技術が採用されており、焼き具合の確認などもしっかりこなしてくれるよう。

 開発した「Miso Robotics」によれば、学習させることで機能が向上するだけでなく、その他の作業もできるようになるとのこと。現在は「比較的シンプルな作業」しかできませんが、将来的には揚げ物や野菜のカット、盛り付けなどにも対応できるとしています。


画像 円形のパーツを開いて……


画像 パティを収納


画像 アームを動かしてひっくり返したり、バンズに載せたりしてくれます


画像 鉄板の上のものは、AIを使って認識


画像画像 調理準備(左)、盛り付け(右)などにも利用可能。画像はMiso RoboticsのWebサイトより

 「CaliBurger」は「Flippy」をまずカリフォルニア州の店舗で導入し、2019年末までに世界各地にある50以上の店舗で活用する予定。「より早く、安全で、ミスの少ない」メニューを提供することのほか、スタッフの負担が減ることでお客さんと関わる機会が増える効果も期待しているようです。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー