ニュース
» 2017年03月10日 08時30分 UPDATE

未来の車は巨大なドローン!? エアバスが「空飛ぶ車」の新コンセプトムービーを公開

3つの部位が合体、分離する仕組みがユニーク。

[ひらぬま,ねとらぼ]

 「車が空を飛べたら交通渋滞も起きないのに……」

 そんなアイデアは昔からありましたが、今度はドローンのような空飛ぶ車のコンセプトムービーを、航空機メーカーとして有名なエアバス社が発表しました



 目玉コンセプトとしては、炭素繊維を使って重量を減らし、ドローンのような垂直離着陸ができるようになったこと。さらに人工知能を搭載することで、外出先から呼び出したり時間通りに迎えに来てくれたりすることです。また、駆動に電力を採用することで、環境負荷にも配慮している点が特徴的です。


空飛ぶ車

空飛ぶ車

空飛ぶ車

 「Pop.up」と名付けられたコンセプトカーは、3つの部位からできていて、それらの脱着により、地上を走ったり空を飛んだりできます。上から順に、「1.飛行用モジュール」「2.炭素繊維製の乗車用カプセル」「3.地上走行用モジュール」となっています。人間が乗車するのは中央の「乗車用カプセル」の部分。また駐車場がそのまま充電ステーションになっていて、飛行時に地上走行用モジュールが蓄電するシステムです。


空飛ぶ車 ドローンのように垂直離着陸ができるので、ビルの屋上にも車から降りずに直接移動可能

空飛ぶ車 道路のない外出先へは、飛行用モジュールで送迎。どのような呼び出し先にもすぐに迎えに来てくれます

 今までの「空飛ぶ車」は、自動車に羽をつけて空を飛ぶシステムでしたが、これはドローン技術により垂直離着陸ができるという点でユニークです。これならば、滑走路のない都市部でも自由に移動ができるため、都市部共通の課題である「交通渋滞によるタイムロス」の減少が期待されます。


関連キーワード

動画 | 自動車 | コンセプトモデル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう