ニュース
» 2017年03月10日 16時32分 UPDATE

子どもにも本気のプログラミングにも! ラズパイを使ったロボットアーム自作キットが予約受付中

GitHub上に各種コードが公開されているので、上級者でも楽しめそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 大人から子どもまでプログラミング、ロボット作りが学習できる自作キット「MeArm Pi」の予約受付が行われています。2月からKickstarterでクラウドファンディングを行い、目標金額の5倍超となる約5万6000ドルを獲得した製品。


画像

 「MeArm Pi」は組み立てなどが簡単で、11歳から扱えるロボットアームの自作キット。低価格で小型なコンピュータ「Raspberry Pi」を採用しており、本体のジョイスティックに加え、コードを書いて操作することも可能です。Node.jsやPython、Ruby、Perlなどあらゆるプログラミング言語が使え、子ども向け言語として知られるScratchや懐かしのBasicでも動きます。

 ロボットの世界に触れる学習用玩具として活用できるのはもちろんのこと、プログラムを組めば「Minecraft」経由でコントロールしたり、カメラで認識した顔を追跡したりすることも。これらの各種コードはGitHub上に公開されており、プログラミング上級者でもがっつり楽しめそうです。


画像 子どもでも使える扱いやすさ


画像画像 経験者は経験者なりの楽しみ方ができそう

 現在はクラウドファンディングサイト「Indiegogo」から「スタンダードキット」を60ドルで購入でき、「Raspberry Pi Zero W」が同梱の場合は85ドル。発送は8月ごろ行われる予定です。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう