ニュース
» 2017年03月10日 18時50分 UPDATE

五反田駅前の「立喰ずし 都々井」が閉店 JRに突然契約打ち切られ、「お客さま一人一人に伝えられず残念」

1990年から営業していました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 五反田駅前の「立喰ずし 都々井(たちくいずし つつい)」が3月18日をもって閉店することが分かりました。店頭の張り紙で「大家(JR)からの突然の通告」により店舗契約が終了になることが告知され、ネット上でも常連客の悲しみの声が広がっています。

五反田駅前の立ち食いずし「都々井」が閉店 契約突然打ち切られ、「お客さま一人一人に伝えられず残念」 「立喰ずし都々井」の外観(画像はGoogleストリートビューより

 「立喰ずし 都々井」は1990年に現在と同じ場所で創業。以来手軽においしいお寿司が食べられる立ち食いスタイルで人気を集めていました。Twitterでは「安くておいしいお店だったので悲しいです」「(閉店する)18日まで毎日通いたい…」とショックを禁じ得ない人が多数。


 張り紙には「大した事も出来ませんでしたが、この店で(お客さまが)楽しそうに過ごしている姿を見たり、『おいしかったです』などと声をかけていただいた事が何よりも最高の思い出でした」「本当に心苦しいのですが、この店を閉めることをお許し下さい」と、長年お店を支えてくれたお客さんへの感謝の言葉が述べられています。


 店主の筒井さんはねとらぼ編集部の取材に対し、「突然の契約打ち切りだったので、お客さま一人一人に閉店を伝えられないことが何よりも心残り」と、あらためてお客さんへの思いを語ってくれました。契約打ち切りを言い渡されたのは昨年(2016年)末。なんとか期限を半年間先延ばしにできないかと交渉を試みましたが、願いはかなわず。JRに対しては、「(JRの対応は)法的には問題ないです。しかし事前に一声もなかったのは……。担当者に、オリンピックに向けた土地開発があるからですか? と聞いたら、『そういう話もあるみたいですね』と、はっきりとは答えてもらえませんでした」と、悔しさをにじませました。

 また、今後の移転の予定については、「考えてはいますが、なかなか良い物件が見つからなくて。でも、五反田以外で探すつもりはありません。まだまだこの場所に恩返しがしたいので」と、それまでの落ち込んだ声が少しだけ明るくなったようでした。

五反田駅前の立ち食いずし「都々井」が閉店 契約突然打ち切られ、「お客さま一人一人に伝えられず残念」 お店は五反田駅東口を出てすぐ(画像はGoogleマップより

 ねとらぼではJR東日本にも取材を申し込みましたが、「個別の契約についてはお話できない」という理由でコメントは得られませんでした。


関連キーワード

JRグループ | 寿司 | 移転


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー