ニュース
» 2017年03月10日 21時30分 UPDATE

NASA、土星の衛星「パン」の接近写真を公開 白い皮に具材が入った餃子のような見た目

宇宙に漂う餃子(パン)。

[宮原れい,ねとらぼ]

 NASA(米航空宇宙局)は3月10日、土星探査機カッシーニが3月7日に撮影した土星の衛星「Pan(パン)」の写真を公開しました。なんだか焼く前の餃子に似てるような……?


NASA 土星 衛星 パン 餃子 どこかで見たことある?(NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)

 パンは1990年に探査機ボイジャー2号の写真から発見された衛星。今回公開されたのは、これまでで最も近い24.572キロという距離まで接近して撮影されたもので、表面の模様まで確認できる精細な写真となっています。

 まるで白い薄皮の中になにかの具材を入れて、周囲をつまんで包んだような見た目で、片面を焼くか全体をカラッと揚げたくなります。ちなみに直径は約35キロです。


NASA 土星 衛星 パン 餃子 このシルエットは……(NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)

NASA 土星 衛星 パン 餃子 餃子かな?(NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)

 NASAは写真を衛星の形状や地質までを特徴付けるのに役立てるとしていて、今後解析が行われる予定です。

 なお衛星の名前は、ギリシア神話の半人半獣(サテュロス)で自然と森の牧神「パン」から命名されたもの。決して食べる方ではありませんのであしからず。


NASA 土星 衛星 パン 餃子 「土星の小さな月」とも言われています(NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう