ニュース
» 2017年03月11日 14時40分 UPDATE

都税と住宅金融支援機構のクレジット支払サイトに不正アクセス 個人情報流出の可能性

ソフトの脆弱性を悪用した不正アクセスにより、70万件を超える個人情報が流出した可能性がある。

[ねとらぼ]

 GMOペイメントゲートウェイは、同社が受託運営している東京都の都税クレジットカード支払サイトなどで不正アクセスが確認されたと明らかにし、謝罪した。70万件を超える個人情報が流出した可能性があるとしている。

謝罪文

 ソフトの脆弱性を悪用した不正アクセスにより、都税クレジットカード支払サイトと住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイトに悪意あるプログラムが仕込まれたことが判明。前者では約67万件、後者では約4万3000件の個人情報が流出した可能性がある。流出の可能性があるのはクレジットカード番号、メールアドレス、氏名、住所など。

流出の可能性がある情報

 GMOペイメントゲートウェイは、クレジットケード情報が流出した利用者について、対象クレジットカード会社と協議して対応するとしている。再発防止策を検討するに当たってセキュリティ専門会社によるシステム調査を開始したほか、並行して警察に捜査協力を行っていく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう