ニュース
» 2017年03月12日 15時30分 UPDATE

14日夜から関東で雪の可能性?

14日ホワイトデーの夜から15日にかけて関東で雪の可能性があります。その後3連休前半の土日は、比較的穏やかに。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
天気

週明けはスッキリしない天気に

 週明け13日は、各地でスッキリしない空模様となりそうです。九州の南の海上には低気圧や前線が進み、また別の低気圧が日本海をゆっくり南下、そして関東の南の海上には小さな低気圧が発生と、あちこちで天気を崩す低気圧が日本付近に。このため、沖縄から東北の所々で雨が降るでしょう。ただ、いずれの低気圧も日本列島にそれほど近づかず、あまり発達はしない見込みです。九州南部はややまとまった雨になりそうですが、その他は比較的短い時間で所々で降る見込みです。ただ、北陸では雷を伴ってザッと強く降る所もありそうです。

14日から15日 関東で雪?

 14日ホワイトデーから15日は、関東でも雪の可能性があります。

 14日は関東の東の海上で低気圧が発達し、日本海の低気圧が北陸付近へ近づく見込みです。その後15日にかけて、次第に冬型の気圧配置になりそうです。14日、日中は東北や北陸を中心に雪や雨が降るでしょう。夜になると、関東や西日本の日本海側も雨や雪の所がありそうです。ここで気になるのは関東の雪の可能性ですが、14日は雪は山沿いが中心で、平野部では雨の可能性がやや高くなっています。15日朝にかけては、関東の東の海上の低気圧が寒気を引っ張り込むため、都心でもみぞれの可能性があります。また、14日から15日にかけて風がやや強いため、ホワイトデーのお出かけはせっかくセットした髪の毛が乱れないようお気を付けください。

※関東の雪に関しては予想がまだ定まっていません

3連休にかけて次第に穏やかに

 17日になると、冬型の気圧配置が西から次第に緩む見込みです。日本海側の雪や雨は次第に弱まり、天気は回復へと向かいそうです。3連休初日の18日、2日目の19日は、日本の南の海上に前線が延びる見込みです。西日本では雲が広がる可能性がありますが、日差しの出る所が多く、比較的穏やかでしょう。

この先の気温は?

 今週は、この時期らしい気温の日が多くなりますが、15日に平年を下回る所が多くなりそうです。この日は冷たい北風も強く吹くため、実際の気温よりも寒く感じられるでしょう。風を通しにくい服装でお出かけされることをオススメします。

 また、花粉が各地で多く飛ぶ日が続きますので、引き続き対策をなさってください。

関連キーワード

関東 | 天気 | 日本気象協会 | ホワイトデー


Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー