ニュース
» 2017年03月17日 11時08分 UPDATE

ヤマト運輸が12〜14時の配達指定を削除、再配達も1時間縮小 職場環境改善に向け

「19時から21時」の時間帯指定の新設も行われます。

[コンタケ,ねとらぼ]

 ヤマト運輸が、宅配便のサービス内容の変更を発表しました。4月24日から再配達受付の締め切り時刻の変更を行い、さらに6月中に宅配便の配達時間帯の指定枠を変更します。

再配達締め切り時刻の変更

 4月24日から、当日の再配達の依頼を受け付ける締め切り時刻が以下のように変更されます。

  • セールスドライバー……20時まで→19時まで
  • サービスセンター……20時まで→19時まで
  • 再配達自動受付……20時まで→18時40分まで
  • インターネット……19時40分まで→18時40分まで

ヤマト運輸 サービス内容変更 時間指定 再配達 再配達締め切り時刻の変更

配達時間帯の指定枠の変更

 6月中に、「12時から14時」の時間帯指定が廃止されます。また、「20時から21時」の時間帯指定を廃止し、「19時から21時」の時間帯指定を新設するとのこと。


ヤマト運輸 サービス内容変更 時間指定 再配達 配達時間帯の指定枠の変更

背景

 今回のサービス内容の変更は、職場環境の改善するためのもの。宅配便市場はAmazonなどEコマースの拡大により物量が増加する一方、労働人口の減少などにより労働需給が逼迫(ひっぱく)し、厳しい経営環境が続いています。

 同社は社員の法定休憩時間の適切な取得や、勤務終了から翌日の始業までの間に一定時間のインターバルを設ける制度の確立など、社員が働きやすい環境を構築するために、サービス内容を変更することを決定しました。

関連キーワード

宅配 | ヤマト運輸 | 職場 | Amazon | 休憩 | 働きやすい


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー